夏の終わり、紫外線でダメージを受けたお肌のケアを始めよう!

2020.09.04
美容
夏の終わり、紫外線でダメージを受けたお肌のケアを始めよう!

夏の終わり、紫外線でダメージを受けたお肌のケアを始めよう!

まだまだ暑い日が続きますが、強い紫外線によってダメージを受けたお肌のケアを始めたい時期です。日焼け止めクリームを塗ったり、日傘や帽子などを活用ししっかりとUV対策をしてきた人もたくさんいることでしょう。
今回は、夏の終わりにできるお肌のケアをご紹介します。

今から始めたいお肌のスキンケア

強い日差しを毎日感じながら過ごしてきた夏、秋が近づくころにはお肌も身体も疲れやすくなっています。気づかないうちに浴びている紫外線や冷房、食べ物や飲み物などによってもお肌の状態は乱れやすいです。そこで、今から始めたいスキンケアの方法について見ていきましょう。

とにかく保湿が重要!

いつどんな季節においても、お肌の調子を整えていくためには丁寧な保湿が欠かせません。どれだけ保湿ができているかによって、お肌の状態は変わってきます。夏の終わり、紫外線や汗、冷房の利いた部屋で過ごすなどの環境によって、意外にもお肌は乾燥しています。
そのため、秋に入る前から保湿を意識したスキンケアを始めましょう。
お風呂上りに行なう基本のスキンケアにおいては、美容液と乳液をしっかりつけることが大切です。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が入っているかを確認した上で使うようにすると良いですよ。
そのうえで、日中の保湿にも心がけてみましょう。メイクの上からでも使えるミストタイプの化粧水を活用するのがおすすめです。メイクポーチに忍ばせておけば、いつでも乾燥が気になったときにつけることができます。

化粧水のつけ方にも気を付けてみよう

夏から秋にかけて美肌を維持するためには、いつもの化粧水もつけ方を意識してみましょう。スキンケアの時間を少しだけ増やして、お肌をいたわってあげましょう。
いつも使っている化粧水をたっぷりつける、時間を置く、たっぷりつける、時間を置く・・・と数回繰り返してみてください。この繰り返しで、お肌を保湿することができます。手に取る化粧水の量も多めにして、しっかりお肌に浸透させましょう。乳液や美容液に入る前にこのケアを加えるだけでも、しっとりとしたお肌に近づけます。

夏から秋こそお肌のケアを念入りに!

夏から秋、まだまだ汗ばむ日が続くなかでのスキンケアは、ときには面倒に感じてしまうこともあります。しかし、夏の間にお肌が受けたダメージは大きく、いつもより念入りなスキンケアが必要です。
毎日続けられると思うことから始めて、お肌を整えていきましょう。

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


プロフィール
 
  • 今月の特集記事