パンを美味しく保存するコツは?

2020.08.04
フード
パンを美味しく保存するコツは?

 

皆さんはパンが残ったとき、どのように保存していますか?

美味しいパンも次の日にはパサパサになってしまう…なんていうこと、ありますよね。

今回はパンを美味しく保存するためにおさえておきたいポイントをご紹介いたします。

 

冷蔵庫はNG!

パンを涼しい場所に置こうと、冷蔵庫に入れていませんか?実は冷蔵保存はパンにはNGなんです。

低温ででんぷんが劣化して、パンがパサパサになってしまいます。

未開封のパンなら常温で保存しましょう。

 

食べきれなかったパンは冷凍保存

開封して一度に食べきれなかったパンは冷凍することで数日後まで美味しく食べられます。

パンを1つずつラップで包み、ジップ付の袋などに入れて冷凍しましょう。パンが乾燥しないよう、ラップで空気に触れさせないように包むことがポイントです。

食べるときは常温解凍か、トースターで温めればOK。厚みのある総菜パンなどは、電子レンジで少し温めてからトースターで焼くといいでしょう。

また、長期間の冷凍保存は禁物です。冷凍焼けしてカピカピになってしまうことも…。目安として2週間以内に食べきるようにしましょう。

 

中には冷凍に適さないパンもあります。生クリームや果物を使ったパン、生野菜を使ったサンドウィッチなどは冷凍せず、早めに食べきるようにしましょう。

 

パンを美味しいまま、長く保存するコツは?

 

常温で少しでも長く保存したい

常温で保存するとき、食パンによく付いているプラスチックのクリップで留めがちですが、付属のクリップでは袋を密封することが難しく、結果パンを乾燥させてしまいます。

密閉容器やジップ付の袋に入れて保存するのがおすすめです。

また、手で触った部分から菌が繁殖し、カビのもとになってしまいます。その時食べる分以外のパンには手が触れないように気を付けましょう。

 

パンを美味しいまま、長く保存するコツは?

 

フワフワのパンの美味しさ、明日も明後日も味わいたいですよね。

今回ご紹介したコツで美味しいパンを長く楽しんでくださいね!

 

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


プロフィール
 
  • 今月の特集記事