ビールによく合う、ピリッと辛い!残暑に効く、タイ料理の人気メニューたち。

2020.09.03
フード
ビールによく合う、ピリッと辛い!残暑に効く、タイ料理の人気メニューたち。

タイ料理の魅力って?

真夏のピークは去ったものの、まだまだ暑い日が続く9月。暑い時には、やっぱり食べたくなってしまう辛い食べ物。そして辛い食べ物といえばタイ料理!
暑い空気の中ピリッと辛いタイ料理を頬張りつつ、冷たいビールで流し込む…想像するだけでお腹が空いてきます。
実は辛いだけでなく、ハーブや香辛料がふんだんに使われていて、辛味・酸味・甘味を絶妙に組み合わせて味付けされているのがタイ料理の特徴なんです。
今回はエスニック料理大好きな私が、日本でも比較的手軽に食べられる、タイ料理6つの人気メニューをご紹介します。

パッタイ

平たい米粉ヌードルを使用し、エビ、卵、もやしなどと一緒に炒めたタイの焼きそば。ナンプラーの風味と唐辛子のパンチでやみつきになること間違いなし。途中でライムをきゅっと絞れば、さっぱり後味を楽しめます。

トムヤムクン


エビの旨みがしっかり溶け込んだ、辛さと酸味のバランスが最高のスープ。レモングラスを使用していて、爽やかな香りに仕上がっています。日本ではトムヤムクンに米粉ヌードルが入ったものが人気です。

ガパオライス


チキン、バジル、赤パプリカを一緒に炒めたものをごはんの上にかけ、目玉焼きを載せたワンプレートごはん。黄身をくずして豪快にいただきましょう。こちらもナンプラーのあと引く美味しさがクセになり、思わずごはんがすすみます。

グリーンカレー


マイルドなココナッツミルクのなかにも、唐辛子の辛さが効いた一品。日本の一般的なカレーよりも、数段辛いものが多い印象です。具はチキン、ナス、たけのこ、キノコなど様々。汗をかきながら食べるのが醍醐味です。

ヤムウンセン


ほのかにレモンの酸味を感じる、さっぱりといただけるのがうれしい春雨サラダです。エビと豚ひき肉が入っているものが代表的で、そのほか人参、トマト、玉ねぎ、セロリなどと和えられ、パクチーがトッピングされています。

カオマンガイ


タイのチキンライスで、茹でたチキンとその出汁で炊かれたライスがセットになっています。しっとりジューシーに仕上がったチキンと、旨みが凝縮されたライスは絶品です。お好みでチリソースをかけていただきます。

タイ料理、挑戦しませんか

辛い物やパクチーが苦手な人は、お店で注文するときに伝えると、快く唐辛子やパクチーを抜いて調理してくださるお店も多いので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。
また、最近ではカルディをはじめ、輸入食料品店などでペーストやパックが販売されているので、お家でも手軽に作ることができます。
9月はタイ料理を味わいながら、残暑も楽しんでみませんか?

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


プロフィール
 
  • 今月の特集記事